採用情報

研究の機会

Nikaido Lab.@TMDUではヒトゲノムの機能を解明する次世代の実験技術とデータサイエンス技術を開発し、難治性疾患の病態解明やその治療・診断に応用することを目指します。これらの研究を一緒にして楽しんで頂ける学部生・大学院生を随時応募しています。詳細はお気軽にお問い合わせください。


現在、居室や実験室のセットアップ中で、2021年4月から始動します。難研の研究リソースをフルに活用できます。また理研客員研究員制度や研修生制度により理研の研究リソースを活用できます。

研究実践プログラム

本学学部生のみなさま

​本プログラムは学部2年生から研究室で研究を実践しながら単位取得するものです。ご希望のかたはいつでも見学・相談を実地やZoomで行えますので気軽にメールしてください。本格的な研究テーマから簡単な研究作業の体験まで様々なメニューを用意してお待ちしております。

​研究実践プログラム

基礎研究医プログラム

​臨床と基礎研究の両方を目指す方へ

本プログラムは、臨床研修と同時に基礎医学系の大学院に入学することにより、臨床と基礎研究 を両立しながら各人の希望にあった幅広い臨床研修を組み⽴てることができることを特色とします。詳細は以下をご覧ください。

TMDU基礎研究医プログラム

生命理工医療科学専攻

修士号・博士号を目指したい方へ

学内外から大学院生を募集しています。東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 修士課程 医歯理工保健学専攻博士課程 生命理工医療科学専攻 ゲノム機能情報での受け入れになります。学振DC理研大学院JRAのフェローシップや理研でのインターンに応募できます。​詳細は以下をご覧ください。

ゲノム科学やバイオインフォマティクス研究で修士号・博士号の取得を目指しませんか?

フェローシップや外部資金による雇用

研究員や助教として採用されたい方へ

バイオインフォマティクスやゲノム科学研究を行う​学振PD, 理研SPDRの受け入れを行っています。理研で雇用された場合も医科歯科大の協力研究員として、大学で研究することが可能です。外部資金で研究員やプロジェクト助教を採用することもできます。そのときの予算状況によりますので希望者の方はご連絡頂けると幸いです。