Nikaido Lab.

国立大学法人 東京医科歯科大学 難治疾患研究所
ゲノム応用医学部門 ゲノム機能情報分野

 

​​研究

Nikaido Lab.では、二階堂 愛(にかいどう いとし)教授のもと、ヒトゲノムの機能を解明する次世代の実験技術とデータサイエンス技術を開発し、難治性疾患の病態解明やその治療・診断に応用することを目指します。

機能ゲノム科学

誰も達成できなかった精度や規模で生命現象を計測・制御するゲノム科学実験技術の開発を目指す

​ゲノム情報科学

新しいゲノム科学の計測・制御技術で得られるデータから生命情報を抽出する新しいデータ科学技術を開発する

我々の研究プロジェクトに興味がありますか?

 

教育

東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 修士課程 医歯理工保健学専攻博士課程 生命理工医療科学専攻 ゲノム機能情報では、ゲノム機能情報をこれまでにない規模や精度で計測する分子生物学的技術とデータサイエンス技術の両方を高度なレベルで研究開発できる人材を育成し、次世代の医療を独創的かつ主体的に推進できる人材を輩出します。


二階堂研に配属された方は、二階堂教授が兼務している難治疾患研究所理化学研究所の世界最先端の研究環境でOn-the-Job Trainingを行います。各拠点はオンライン会議システムで接続されており、どこにいても議論ができます。

難治疾患研究所

Nikaido Lab.が属する難研は、1973年9月
(昭和48年)に設置された「難治疾患の学理と応用」を目的とした難治疾患を標榜する日本唯一の国立大学法人附置研究所です。

理化学研究所

生命機能科学研究センター バイオインフォマティクス研究チーム

理研は日本で唯一の自然科学の国立総合研究所です。生命機能科学研究センターは個体の一生を支える生命機能の解明を目指す研究センターです。二階堂愛教授が兼務し主宰するバイオインフォマティクス研究開発チームでは、1細胞RNAシーケンスの実験技術とそのデータ解析技術の研究開発を神戸と和光を拠点に行っています。

 

Access

〒113-8510 東京都文京区湯島1-5-45 M&Dタワー 24階 南東側

itoshi.nikaido.fgin (at) tmd.ac.jp

実験
 
 

©2020 by Nikaido Lab.